SONY α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

CANON EOS Kiss X3からSony α6400へ買い替え(買い足し)

日常用のカメラとして、CANON EOS Kiss X3(2009年4月発売)と以下のレンズ3本体制で10年ほど使ってきました。

CANON EOS Kiss X3ダブルズームキットのレンズ
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS(標準ズームレンズ)
EF-S55-250mm F4-5.6 IS(望遠ズームレンズ)
及び
EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM(広角ズームレンズ)

 

軽くて使いやすいために旅行時もアメリカ滞在中も出番が多かったのですが、いろいろと不満に感じる部分が出てきたためそろそろ買い替えようと思い、CANON製を中心にかなり長く検討した後、結局 Sony α6400を購入しました。Sony α6400-箱

Sony α6400-箱を開けた状態

Sony α6400-同梱物

Sony α6400-ボディ 

CANON EOS Kiss X3 で不満に感じていた点と不具合

EOS Kiss X3と私の持っているレンズで不満に感じていたのは以下の点です。

・標準ズームレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS、望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS、広角ズームレンズEF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMの3本で十分な焦点距離をカバーしているものの、特に旅行などではレンズの交換が煩わしく感じることが多かった。

・EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS、EF-S55-250mm F4-5.6 ISで撮影した画面周辺部がシャープではなく、単焦点レンズを購入して使ってみて解像感の向上は確認できたが、自分にとっては単焦点レンズだと旅行などでぱっとフレーミングして撮影するのに向かない。

ファインダー視野率が95%のためシビアにフレーミングしづらい上に、修理すれば直るかもしれないが、ファインダーで見えるフレーミングに対し実際に撮った画像が上にずれてきて、少しチルトダウンしたようなフレーミングになってしまっていた。

有効画素数が約1510万画素で、やや物足りなくなってきた。

・時々にしか使わないものの、動画撮影では露出やISOがマニュアル操作できず、しかも1280×720だと30P、1920×1080だと20pまでしか撮影できない。また、30分以上の録画ができない。

 
 
これ、と思えるカメラがない

CANONの後継機はすでに何代も更新されており、一方、様々なメーカーからミラーレスやフルサイズなどの魅力的なカメラが出て話題になっていたため2018年あたりから様々なメーカーのカメラを検討しましたが、どれもどこかが優れている反面どこかに見過ごせない欠点があり、なかなか買い替えるカメラを決められませんでした。

SONY α6400は自分にとって必要な要件を持ったカメラ

その後SONY α6400が発売され、完璧ではないものの自分にとって必要な要件を持ったカメラだとわかりましたので、購入しました。

小型軽量で、写真も動画もAF(オートフォーカス)機能が優れ、4K動画が撮れ、動画連続撮影時間の30分制限もなく、その他様々な部分がEOS Kiss X3より優れているだけでなく、メーカーに関わらず他の現行カメラと比較しても、欠点が少ないと思いました。

α6400と同時に購入したレンズ
レンズは、EOS Kiss X3用に使っていた標準ズームレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISと望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 ISの焦点距離をほぼカバーするレンズとして、SONYの18-200mm F3.5-6.3 OSS LE(SEL18200LE)とTAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC(Model B011)を検討し、細部が異なりますが基本的にはこの二つのレンズは同じものですので、やや価格の安いTAMRONにしました。
 
 
SONY α6400とこのレンズで今まで不満、不便だったことが解決されましたが、TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCにはやや不満、不便な部分もありました
 
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCについてはこちらの投稿をご覧ください。
 

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-キャップあり

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-キャップなし

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-フードなし

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-テレ側

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-モニタ側

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-テレ側-モニタ側

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-テレ側-横

Sony α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-ワイド側-横


ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B

Amazonリンク


TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DiIII VC ソニーEマウント用 ミラーレスカメラ NEX専用 ブラック B011SE-ブラック

Amazonリンク

 

α6400へモバイルバッテリーによるUSB給電

α6400はUSB給電ができ、USB給電しながらでも撮影できます。

朝9時から夕方17時までα6400で写真と動画を切り替えながら1日撮影をした時には、モバイルバッテリーからUSB給電をしたままにしました。

大容量25000mAhのこのモバイルバッテリーを使いましたが、10000mAh程度のもっと軽いモバイルバッテリーで十分だと感じました。ちなみにα6400の純正バッテリーNP-FW50は1020mAhです。

このバッテリーについてはこちらの記事もご覧ください。

大容量25000mAh モバイルバッテリー