手に優しく操作性もアップ ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570

ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570

通常のマウスだと長時間集中して作業すると手に長時間力を入れたままになるため手がこわばり痛くなりますが、これは楽です。

通常のマウスの場合は指や手のひらでマウス自体をつかんで物理的に移動させて操作しますが、これの場合は、手をマウスに乗せたままマウス自体は移動させず、親指と人差し指だけで操作できます。通常のマウスの場合の「指や手のひらでつかんでマウス自体を物理的に移動させる」操作を、「親指でトラックボールを回転させる」操作で行います。トラックボールの回転はスムーズです。

通常のマウスの場合は物理的に滑らせて使うため、マウス裏面の素材や構造とマウスパッドや机面の素材との兼ね合いで滑りが悪かったりしますが、これはトラックボールを回転させるので、そういったストレスはないです。Premiereの編集やAfter Effectsの作業も問題なくできます。個人的にはマウスより操作性が上がります。当サイトの投稿もこのトラックボールマウスを使って操作しつつ書いています。

トラックボール以外は通常のマウスと同じように左右のボタンやホイールで操作します。左ボタンのわきには「進む/戻る」ボタンがあり、WEBブラウザの進む/戻るなどが行えます。

ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570

ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570

単三形乾電池1本で動作します。Unifying レシーバー(1 つのレシーバーで複数のデバイスと接続できる、ロジクール独自規格の小型ワイヤレスレシーバー)が付属しており、パソコンのUSBポートに接続して使用します。

Windows、Mac、Chrome OSに対応とのことです。私は通常はMacで使っていますが、WindowsパソコンにUnifying レシーバーを差し替えると、何も設定せずそのまま使えました。

トラックボールマウスの苦手なこと

いいことずくめのように見えますが、苦手なこともあります。ペンタブレットが得意とする、手首のストロークを使ってきれいな曲線を描くような表現はトラックボールマウスの場合は難しいです。通常のマウスならマウス自体を移動させて描くためかろうじて可能ですが、トラックボールマウスの場合は親指の動きに限定されるため困難です。

ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 掃除の仕方

通常のマウス同様、ボールと本体のすきまにホコリがたまるとカーソルの反応が悪くなるため、ボールを取り出して掃除します。

裏に穴がありボールが見えています。穴の直径は12mmほどです。ボールを傷つけないように、ペンの後ろ、綿棒、小指などでボールを押すと取り出せます。ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 裏面

ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 ボールを取り外した様子

ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 ボールの穴

この撮影時は特に動作が悪くなっていたわけではありませんのでそれほど汚れていませんが、この穴とボールからホコリを取り除きます。

きれいになったらまたボールをはめ込みます。

軽量ですが裏面にゴムの滑り止めがついており、滑りません。ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 重さ実測

電池を取り外した重さです。ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 重さ実測 電池なし

裏面にゴムの滑り止め。ロジクール ワイヤレストラックボールマウスSW-M570 裏面


ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 SW-M570 Unifying 5ボタン トラックボールマウス 電池寿命最大18ケ月 国内正規品 1年間無償保証