TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

以前使っていたEOS Kiss X3では、CANONの標準ズームレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS、望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS、広角ズームレンズEF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMの3本を使っていましたが、特に旅行などではレンズの交換が煩わしく感じていました

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-箱
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

そのためSONY α6400購入にあたり、TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCを購入しました。望遠端がやや足りないもののほぼ18-55mmと55-250mmを足した焦点距離を一本でカバーできる上、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISよりシャープに写ります

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-箱を開けた状態

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-同梱物-袋あり

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-レンズとフード

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-レンズ・キャップ・フード
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCの欠点

かなり満足したのですが、欠点もありました

欠点1:最短撮影距離がやや長く50cm
CANONの標準ズームレンズEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISの最短撮影距離は25cmで、自分が椅子に座り被写体が目の前の机又はテーブルにある場合、例えば目の前の料理くらいの距離でもカメラを近づけて撮ることができます。

これが最短撮影距離50cmとなると、かなりカメラを引かないとピントが合いません。実際には50cmより近くでも半押しでピピッとAF合焦の音がしてシャッターは切れるのですが、撮った写真を見るとピントが合っていません。被写体を少しずつ遠ざけていきながら撮影してピントの合った写真が撮れたところで被写体とセンサーの距離を測るとほぼ50cmでした。この使いづらさは想像していませんでした

試しに接写リング(エクステンションチューブ)をつけてテストしてみましたが、接写リングは接写しかできず、望むような結果にはなりませんでした
10mmのリングをつけ18-200ズームレンズの18mmで撮影してみましたが、レンズ本来の最短撮影距離50cmではピントが合わず、被写体からレンズまで1cm程度まで寄らないとピントが合いません。16mmのリングに至ってはつけている18-200ズームレンズがそもそも長いせいか、ピントの合う場所がありません。被写体をレンズのガラス(実際にはプロテクター)に接するといちばんピントが近かったです。

欠点2:レンズのずり落ち
もう一つの欠点は、カメラを下に向けて撮影するとレンズの自重で勝手にレンズが繰り出されて(伸びて)しまうことです。レンズが勝手に繰り出されないようにロックするスイッチは一番縮めた位置でしか働きません。そのため少しでも伸ばした状態でカメラを下に向けて撮影する時は、テープで止めておく必要があります。α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCα6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-テレ側TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC-重さ

このレンズは自分にとっては標準のレンズとしてずっと使っていますが、もっと望遠ができるレンズが欲しいという気持ちもあり、SIGMA MC-11マウントコンバーターを使う前提でいいレンズがないか色々リサーチしました。こちらの投稿をご覧ください。


TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DiIII VC ソニーEマウント用 ミラーレスカメラ NEX専用 ブラック B011SE-ブラック

Amazonリンク