PL(偏光)フィルターで反射光をカットして鮮やかな写真を撮る

晴れていればいいわけではない
PL(偏光)フィルターで反射光をカットして、紅葉、風景を鮮やかに撮影する

旅行やハイキングで風景写真などを撮った時に、撮影した風景が白茶けて(色があせて白っぽくなって)しまう場合があります。これは葉などに光が反射している場合が多いです。

こういう時にはPL(偏光)フィルターが有効です。紅葉のシーズンなどにはカメラと共に持っておきたいフィルターです。

白茶けた写真の例
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離18mm 1/160 F8.0 ISO320
手持ち撮影
高尾山 清滝駅前

PLフィルターを使った場合
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離18mm 1/160 F8.0 ISO640
PLフィルター(MARUMI Circular PL)で反射光をカット 空も青く写ります。
手持ち撮影
高尾山 清滝駅前 PLフィルタ

PLフィルタを使うと暗くなるので感度をISO640にしましたが、まだやや暗かったため、Lightroomで多少明るさを調整してあります。

葉の表面の反射の例

下の2枚の写真を比べると、PLフィルターの効果がわかると思います。

反射がある状態葉っぱ 反射あり

PLフィルターで反射光をカットした状態葉っぱ PLフィルタ

MARUMI Circular PLフィルター
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC用に使っているフィルター径62mmのPLフィルター(これはサーキュラーPLフィルター)です。

MARUMI Circular PLフィルター

MARUMI Circular PLフィルター

MADE IN JAPANとなっています。
PLフィルターは枠が2重になっていて、前枠を回転させてフィルターの効果を調整します。

MARUMI Circular PLフィルター

一眼レフカメラの場合はその構造上PLフィルターはサーキュラーPL(Circular PL/CPL=円偏光)フィルターにする必要がありますが、α6400などのミラーレス一眼カメラの場合は普通のPL(偏光)フィルターが使えるかもしれません。(未確認です)

MARUMI Circular PLフィルター

MARUMI Circular PLフィルター

MARUMI Circular PLフィルター

α6400 + TAMRON 18-200mm + MARUMI Circular PLフィルターα6400 + MARUMI Circular PLフィルター

私が使っているものとバージョン・世代などが異なっている可能性があります。

作例(PLフィルターありなし比較)
 
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離18mm 1/160 F8.0 ISO160
フィルターなし
手持ち撮影
高尾山 清滝駅前
 
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離18mm 1/160 F8.0 ISO640
PLフィルター(MARUMI Circular PL-以下同様)使用
手持ち撮影高尾山 清滝駅前 PLフィルタ
 
α6400 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO 焦点距離18mm 1/125 F8.0 ISO500
フィルターなし
手持ち撮影高尾山 稲荷山コース フィルターなし
 
α6400 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO 焦点距離18mm 1/125 F8.0 ISO1250
PLフィルター使用
手持ち撮影高尾山 稲荷山コース PLフィルターあり
 
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離49mm 1/200 F5.6 ISO640
フィルターをつけてPLの効果を最小にした状態
手持ち撮影高尾山からの風景
 
α6400 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC 焦点距離49mm 1/200 F5.6 ISO640
フィルターをつけてPLの効果を最大にした状態 霞にも効果があるようです。
手持ち撮影高尾山からの風景 PLフィルタ
 
高尾山で撮影したその他の紅葉の写真の作例はこちらの投稿を御覧ください。
高尾山で鮮やかな紅葉を撮影するための2つのアドバイス